創設メンバー7人のプロフィールと各スポーツPR

代表&副代表と6つの競技の各幹事(インラインスケート、フリースタイルスキー、スノーボード、スポーツクライミング、BMX、スケートボード)と会計の計8人。※副代表は兼インラインスケート幹事

代表

小竹 潤(Kotake Jyun) 27歳

幼少期からスキー、BMXを趣味として楽しんでいます。

全国的に見ても上越は恵まれた環境で、県外の仲間からは羨ましがられます。しかし、地元に住む友人は「上越は何もない」と言います。それは上越の魅力に気付いてないだけです。そこで上越の恵まれたアクティビティを最大限に活用できる『複合型のアクティブスポーツ施設』が出来ればもっと活気ある街になるはずです!個々のスポーツがマイナーであったりする為、日本ではまだまだ理解され難いジャンルですが、世界的には人気スポーツであり近年は日本でも注目されて来ています。

我々は個々のスポーツメンバーが大同団結し国内初の施設を上越に建設実現するために全力で働きかけていきます!盛り上げます!楽しい街にします!

副代表兼インラインスケート幹事代理

水野 恵一郎(Mizuno Keiichirou) 35歳

25歳までフリースタイルのプロスキーヤーとして国内外で活躍してきました。現在は家族や友人とレジャーとしてスキーを楽しんでいます

海外はもちろん近年フリースタイルスキーというジャンルのスキーが人気を集めています。また、夏場のオフトレーニングとしてインラインスケートも有効であり、注目されています。しかし、残念ながら上越エリアではインラインスケートの人口は少ないです。それは、やはりスケートパークが無いからです。晴天率の低い上越に複合型の室内スケートパークが出来れば、競技人口も増え盛り上がります。スケートパークはBMX、スケートボードなども同じフィールドで楽しめます。発展している街には必ずあります。

上越に遊ぶ場所が無いというイメージを変えていきたいです!

フリースタイルスキー幹事

歌川 創志(Utagawa Soushi) 22歳

現役プロスキーヤーとして国内、海外で活躍しています。

フリースタイルスキーは五輪種目に採用されている為、注目度は上がっています。しかし、海外とレベルの差があり、世界で活躍している選手は少ないです。それは拠点となる練習施設が無い為、莫大な遠征費を自己負担し何度も海外へ遠征し練習しなければいけないという大きなハンデがあるからです。国内に世界レベルの施設が出来れば、世界で活躍する選手が増えます。オフトレーニングとしてトランポリンを併させ、充実した練習環境を整えたい。選手育成だけでなく、遊びとしても楽しめる複合型の施設が上越に出来れば、国内外から大勢の人が来ます。

日本のフリースタイルスキー界を引っ張っていきたいので協力していきます。

スノーボード幹事

柳澤 貞春(Yanagisawa Sadaharu) 33歳

スノーボードが大好きで、インストラクターもしています。

雪の上を滑るスノーボードは、日常生活では味わえない爽快感を感じることが出来ます。若者からの人気も高く、新しく始める趣味としても最適であると考えます。最初は滑れなくても上達が目に見えて分かり、初めて滑れた時の感動は一生忘れられない経験となります。上越エリアはスノーボードを楽しむのにも最適な街です。毎冬、国内外問わず多くのファミリーや観光客が遊びに来ます。この恵まれた環境を活かし、他のスポーツを楽しんでいる仲間と協力し、この街を盛り上げていきたいです!

スポーツクライミング幹事

豊岡 貴寛(Toyooka Takahiro) 31歳

最高グレード リード5.12c ボルダリング 初段

アウトドアな遊びが好きで25歳からボルダリングを始めましたが、より高く登るためにはパートナーが必要でした。上越にクライミングファンが集う場所を作るために28歳で仕事を辞めてクライミング関連の学業や仕事を1年半経験し、現在もインストラクターなどをしてます。

実は上越地域は日本トップレベルの選手がたくさんいます!歴史を紡いで行けるようにクライミングに触れる機会や練習する場所を一緒に作りませんか!

BMX幹事

草間 亮介(Kusama Ryousuke) 24歳

4歳からBMXに乗り、約20年間レースを転戦してきました。2014年には、五輪強化選手に選ばれトレーニングをしてきました。

元々BMXは、オフロードバイクをサンフランシスコの子供達が真似たことがきっかけであり、競技としてだけではなくて遊びとしても楽しめる最高のスポーツです。上越にはBMXコースもあり、充実した練習が出来ました。しかし、積雪のある冬や雨天時は練習出来ないという不満もありました。なので、天候に左右されない室内施設は、ぜひ作りたいです。

現在はカナダに在住していますが、10月に上越に帰国する予定です。帰国後は海外での経験を活かして、協力していきます!

スケートボード幹事

中川 雄也(Nakagawa Yuuya) 26歳

長年スケートボードを楽しんできて、たくさんの人に出会い、自分自身が成長することが出来ました。

そんなスケートボードが大好きです!ですが整備されたパークが無い為に、街中で練習していると良いイメージをもたれません。一般的にも悪いイメージが強いかもしれませんが、海外を中心に日本でも人気が高まっており、2020年の東京五輪種目にもなっています。子供から大人まで楽しめる、最高の乗り物です。このスケートボードの楽しさを誰よりも伝えていく自信があります。

大好きなことを伝えるために、全力で協力していきます!

会計

伊崎 博幸(Izaki Hiroyuki) 33歳

「上越は遊ぶ場所が無い」そのような声を耳にします。そこで若者の意見を市政に届けていこうと「若者未来会議」というものを企画して、上越をより良い街にする為の意見交流会を行っています。

その中で、”楽しい街にする為にどうすればいいか”と話し合った結果が「複合型のアクティブスポーツ施設建設の実現」でした。私もフリースタイルスキーやスノーボードを通じ、たくさんの友人と毎年の冬を楽しんでいます。大好きな上越が、より豊かになる為に何が出来るかを考え、自然を感じながら楽しめるこの街の魅力を対外的にアピールしていきたいので、協力していきます。