スケートボードとは?

一枚の板を下についた車輪で動かす乗り物!カリフォルニアのサーファーがすり鉢状の水の入っていないプールで乗り始めたことがきっかけで本格的に流行していく。ハーフパイプやボウルを設置したスケートパークが建設され、数多くのな技が開発される。今となってはジャンプトリックの基本、オーリーも当たり前ですが昔はなかった。1978年、アラン・ゲレファンドが史上初手を使わずに板を浮かせる技「ノーハンドエアリアル」のちのオーリーを編み出した。

スケートボードの種類

ストリート/パーク

ストリート上に溢れる斜面や縁石等、または手すりなどを使ってトリックを決めていく。これらを全て人工的に作ったものがスケートパークと呼ばれる。

フリースタイル/フラットランド

フラットランドとは平地のこと。平地でボードを横にして乗ってみたり、ボードの上で逆立ちをしてみたり、ボードを立てて乗ってみたり。いろんな技を平地を使って繰り出していく。

スラローム

真っすぐ一列に並ばせたパイロンを通過しながら技を決めていく。

バーチカル/バート

大型のハーフパイプの中で様々なジャンプトリックを決めていく。